AnserDATAPORT 接続サービス
AnserDATAPORT 接続サービス
2024年のINSネットデジタル通信モードサービス提供終了に伴い、従来手順ではファームバンキングが使用できなくなります。また、サービス終了に合わせた補完策には「通信時間の長期化」や「機器の接続相性による伝送エラー」のリスクがあります。
AnserDATAPORT 接続サービスは、インターネットEDIサービスに、AnserDATAPORT(アンサーデータポート)と連携するサービスを追加した、インターネット型ファームバンキングです。「スマクラ セキュア」でデータの中身を暗号化し、データの秘匿性を高めますので、安心安全な金融機関とのファームバンキング接続が実現できます。
スマクラのAnserDATAPORT 接続サービス
※「スマクラ2.0」リリースに伴い「スマクラ for Internet EDI AnserDATAPORT 接続サービス」から「AnserDATAPORT 接続サービス」にサービス名を変更しております。
閉域ネットワークだからこそ確保できる安全性で、データ授受におけるリスクを軽減し、マルチバンク接続を実現します。
データの暗号化で秘匿性の高い取引が可能、セキュリティ・リスクを解消、複数金融機関に対し同一回線・同一手順で接続可能、SCSKでConnecure開通・接続テストを実施、INSネットと比較して最大約20倍の速度
スマクラの契約企業様とSCSKの間はVPN等の利用、スマクラとAnserDATAPORTとの間はConnecureを利用することで、金融機関とのセキュアなデータ交換を実現します。(回線の敷設・運用はSCSKが実施)
また、個人情報や金融関連データなど機密性・秘匿性の高いデータを安心・安全に連携する「スマクラ セキュア」でデータの中身を暗号化しますので、「閉域網」×「データ暗号化」で安心安全なファームバンキングが実現できます。
「AnserDATAPORT接続サービス」×「スマクラ セキュア」サービス概要図
スマクラのAnserDATAPORT接続サービスは、閉域ネットワークを経由しますので、特別な開発を行うことなく設定の追加等で金融機関と接続することができ、セキュリティを担保しつつ、高品質、適正な価格体系にてご提供します。
サービスカタログなどの資料請求、導入に向けた課題、ご相談など、お気軽にお問い合わせください。
日本瓦斯株式会社様の導入事例はこちら
AGC株式会社様の導入事例はこちら
EDIの2024年問題に伴い、ファームバンキングの仕組みをどう変えていくか
お問い合わせ・資料請求はこちら
※ 記載されている製品・サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

PAGE TOP