スマクラ BDX
企業間ドキュメントDX化サービス
スマクラ BDX Business Document eXchange
企業間取引で電子化が必須な機能をオールインワン取引業務のDX化を推進!
スマクラ BDX
企業間ドキュメントDX化サービススマクラ BDXとは?
企業間取引で電子化が必須な機能を充足し、取引業務のDX化を推進するサービスです。
郵送・メール・FAXで送られている書類(契約書・生産計画・仕様書・見積書・請求書など)を「高機能」「簡単」「短期間」「リーズナブル」「法令・制度準拠」で提供するクラウドサービスです。
スマクラ BDXBusiness Documents eXchange
※「スマクラ 便DX」から「スマクラ BDX」にサービス名変更(2024年5月)
このような課題ありませんか?
企業間取引の課題1書類の郵送業務がなくならずテレワークができない。
印紙代・郵送代、作業工数を削減したい。
企業間取引の課題2取引先・仕入先の契約調査依頼や回収作業など締結までの作業が大変。
過去の契約書を探すのに時間がかかる。
企業間取引の課題3デジタル化するための環境が整備されていない。
デジタル化するための必要な人材が揃っていない。
企業間取引の課題4様々なシステムが導入されていて、サービス間の最適化・コスト面で課題がある。
スマクラ BDXを導入すれば
電子契約サービス、請求書開示サービス、ファイル共有サービスをお探しの企業様。
スマクラ BDXは、企業間取引の課題をデジタル化し網羅的に解決します。
電子化が必須な機能オールインワン×コスト削減
「企業間取引の課題解決の機能充足率」と「費用対効果」が高いサービスです。
企業規模・ITスキルを問わず、多くの企業様や担当者様にご利用いただけます。
他のサービスとの違いは
スマクラBDXと他社ソリューションとのサービス優位性
スマクラ BDXの特徴
スばやく ●システム導入が短期間
●取引先追加が短期間
●販売経理のCSV取込み(帳票化・PDF配信機能)
メールアドレスでのID発行だけで簡単・短時間・ローコストで利用できます。
マちがいなく ●電子契約
●情報漏洩&PPAP対応
●電帳法・電子インボイス対応
●多要素認証
手作業での郵送ミスやメール誤送信の情報漏洩を防止できます。
法令・制度を理解した専門部隊がシステム対応します。
クまなく ●新規追加・月額基本料がなく取引先へ網羅的に展開可能
●100%EDI化可能
●全取引先の基本情報を収集
●未作業の取引先へ督促メール
企業規模・ITスキルを問わず、多くの企業様や担当者様にご利用いただけます。
ラくらく ●リモートワーク推進
●印刷不要・郵送不要
●導入・運用時の人的負担軽減
リモートで作業でき、印刷・封入・発送がなくなるため、時間やコストが削減されます。
スマクラ BDXサービス概要図
スマクラBDXサービス概要図
基幹システム連携時の概要図
基幹システム連携時の概要図
スマクラ BDXの機能
現行の自社の標準帳票を活用、全てをシステム化しない考え方が、調達・購買の業務改革に手軽に着手するポイントとなります。
スマクラ BDXは、取引基本情報の申請書などを取引先に開示、収集するなどの使い方に加え、貴社標準の「見積回答書」「アンケート」などを開示し、収集することができます。貴社標準書式で取引先に展開、収集することで、PowerQueryなどで、手間なく複数社情報の集計が可能です。
販売会計CSV連携機能 国内の主要な販売管理・経理の標準CSVを取込み帳票化しPDF配信 電子化書類の自動連携
ファイル送受信機能 WEB画面から手動で取引先に向けたデータ送信・データ受信、データ保存機能 ファイルの送受信
取引書式共有機能 見積依頼や請求書などの書式フォーマットの掲示、説明資料、業務ルール、マニュアル等の取引書式の共有 自動連携
電子契約機能 電子契約が必要な書式を相手先に送信「立会人型」で電子契約・保存が可能 自動連携
お知らせ機能 取引先向けに連絡事項を入力し、要確認事項として連携 お知らせ
基幹システム連携機能 基幹システムで生成される電子化された書類を電子データのまま自動連携、およびデータを保存 電子化書類の自動連携
各種ドキュメントの画面送信機能イメージ
Web画面から手動で取引先に向けたデータ送信機能です。ファイルの種類は問いません。 部品情報、技術見積、廃止品情報、新規設計非推奨情報等の各種ドキュメントや各種アンケートの送信に活用できます。 メールに添付する際のPPAP問題や内部統制の課題、データ保存に対応します。 データ転送の際、通知メールを取引先に届けます。
各種ドキュメントの画面受信機能イメージ
Web画面から手動でのデータ受信機能です。ファイルの種類は問いません。 取引先から各種帳票の受信、部品情報、技術見積、廃止品情報、新規設計非推奨情報などの技術情報の各種ドキュメントの受信の他、各種アンケートの受信などに活用できます。 メールに添付する際のPPAP問題や内部統制の課題、データ保存に対応します。
取引書式共有機能イメージ
見積依頼や請求書などの書式フォーマットの掲示、説明資料、業務ルール、マニュアル等の取引書式の共有が可能です。 ファイル分類や公開開始日・終了日の設定、取引先グループによる公開範囲の制御が可能です。 書式フォーマットの統一により業務効率の向上やヒューマンエラーの削減に対応します。
お知らせ機能イメージ
お知らせ機能として契約企業から取引先向けに連絡事項を入力し、要確認事項として連携することが可能です。 ファイル添付可能で、業務トピックスや案内情報、マスタ情報連携などに活用できます。 取引先グループによる公開範囲の制御や、取引先の参照状況が確認できます。
基幹システム連携機能イメージ
基幹システムで生成される電子化された書類(見積書・請求書など)を電子データのまま自動連携、およびデータ保存を実現します。ファイルの種類は問いません。 メールに添付する際のPPAP問題や内部統制の課題、データ保存に対応します。 データ転送の際、通知メールを取引先に届けます。
スマクラ BDXの導入事例
食品加工機械メーカー 販売管理のパッケージと連携し、サプライヤー10,000社へ取引電子帳票の自動振分け&電子配信を実現 背景・課題 サプライヤー1万社に対する発注業務負荷の増大 膨大な発行帳票数/煩雑な証跡管理 調達購買業務のDX化の遅れ 導入効果 メール・FAX・電話による発注業務の廃止による、購買業務負荷軽減 社外とのやり取りの属人化の排除 基幹システム連携/電帳法対応 食品加工機械メーカー導入事例イメージ

PAGE TOP