導入事例:auコマース&ライフ株式会社様
auコマース&ライフ
スマクラの豊富な機能を活かし、EC事業におけるさまざまな取引先に対応した受発注の仕組みを実現!

EDIの仕組みづくりを販売管理システムの構築から切り離し、実現すべき業務を効率的、短納期で実装できるスマクラを選定。

ECイメージ

2019年4月、KDDIコマースフォワード株式会社と株式会社ルクサが合併し誕生した、auコマース&ライフ株式会社。 この合併は、KDDIグループにおけるライフデザイン領域の中核企業として、総合ショッピングモール「au Wowma!」と、タイムセールサイト「LUXA」や、auWALLETポイントが使える通販サイト「au WALLETMarket」をひとつの会社に集約し、au経済圏の最大化に向けた取り組みを効率的に進めたいという狙いがあった。しかし、EC事業という点は同じだが、その業態はまったく異なっており、両サービスの強みを生かすべく、モール内での直販事業を強化するには課題があった。

背景・課題
EC事業の業態変化への対応が必要
企業合併、事業拡大に伴ったECサイトでの商品取扱数の増加により、取引先数や発注回数が増え、メール・FAX・電話等で、都度オペレーションすることが非効率であったため
販売管理システム刷新のタイミングでEDI化が必要
販売管理システム刷新に伴い、発注業務も従来のメール発注を廃止しEDI化をする必要があったため
流通BMS化が必要
卸・メーカーからの要望があり、流通BMSへの対応を行う必要があったため
スマクラ選定のポイント
新販売管理システムとの連携
流通BMSにも対応し、従来型のEDI、Web-EDI、メール、FAXに加え、豊富な機能が標準設定されており、クラウド型サービス、かつ、販売管理システムとのインターフェイス連携が容易であった
迅速な切替対応
限られた納期で、迅速な取引先との切替が可能
マルチテナントで稼働したため、個別WEBシステムの構築が不要であった
担当者の各業界の商取引に対する知見の深さ
パイロット取引先の選定方法、抑えるべき取引先の選定、取引先説明会の段取り、他社事例などを踏まえ、業界の商慣習、仕入計上払いの変更方法など、技術だけでなく、ユーザー視点での提案・支援能力
導入イメージ
導入イメージ
導入効果
既存システムでは対応できなかった、大手取引先や多くの取引先との仕入れが可能に!
半年足らずで、約1,000社中約500社の取引先の切替が完了
流通BMSやWeb-EDIを利用している取引先との受発注の対応が自動化され、担当者や取引先の負荷が大幅に軽減!
流通BMS・Web-EDI等、取引先が望む形式で受発注業務が可能に!
FAXやメールなど既存の発注を望む取引先とは、これまで通りのやりとりを継続

auコマース&ライフ株式会社 事業統括本部 副本部長 兼 ソリューション推進部長 小林 満 様のインタビューも合わせてお読みください。

【会社名】auコマース&ライフ株式会社
【本社所在地】〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-23-21 渋谷キャスト11F/12F(受付)
【設立】2010年10月18日

PAGE TOP